遠くに住んでいる娘のアパ―トの鍵紛失事件

私は中部地方に住んでいます。娘は関東地方に住んでいます。昨年娘から突然夜9時ぐらいに電話が来ました。娘が仕事を終え自分のアパートに帰ってアパートのドアを開けようとした時、ドアの鍵が無いことに気づいたそうです。娘は早速大慌てで仕事場近くの警察に落とし物の鍵が無かったか確認に行きました。警察からは、それらしい鍵があるとのことを教えてもらいました。しかし警察からは自分の鍵である証拠が無いと渡せないと言われたそうです。そこで娘は何か証拠となるものは無いか色々と考えた様です。そこで、はたと気が付いたのが合鍵を私の妻が持っているということだったそうです。そこで娘は私の妻の携帯へ連絡したのですが繋がらず、私の携帯へ電話したとのことでした。娘から事情を聴いた私は早速私の妻にそのことを説明しました。妻は合鍵も持っていました。私はその鍵の写真を色々な方向から数枚撮影しました。鍵の形が分かる様にと、鍵に刻印されている番号が良く分かる様に撮影しました。それを早速娘へラインで鍵の写真も数枚添付して送りました。その写真を受け取った娘から「有難う。助かった。」とお礼の連絡がありました。もう夜も11時ぐらいになっていたので娘は近くに住んでいる友人へ連絡し事情を話し何とか無理を言って1泊させてもらったそうです。翌朝、娘は仕事場へ友人宅から直接出勤したそうです。娘は昼休みに警察へ行きその写真を証拠として見せたそうです。そこで警察から無事にその鍵を受け取ったそうです。娘からは鍵を無事受け取ったことの連絡が私にもありました。その日の夜、私は無事にアパートに入れたか娘に確認しました。娘は無事アパートに入ることが出来ました。私も妻も娘もホーっとしました。二度と同じことが起こらない様に娘に対策をする様に念を押しました。アパート鍵紛失事件も無事一件落着しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。