未分類

あれって。気づいたのはほんの一瞬でした。毎日重さを感じて扉を開けていた職場のカギがない。
どう伝えたらいいか、頭の中はそればかり。手元にあるだけでいいのに、そんなはずはありません。
今はそんな風に思い返せますが、やはり ...